ヤトロファアクルカスの特徴

どのような土地でも育つことができ、やせた養分のすくない砂利や砂地、塩分を含む土地でも生育できます。このような過酷な土壌でもしっかり成長します。植え替えにも強く簡単に増殖し、冬場に落ちる葉は木の基の周りにたまり木を守り、落ち葉の有機物肥料は根部周辺の土中にいるミミズの動きを活発にし、土を肥やします。

この植物はたいへん耐乾性のある品種です。不毛または半不毛といわれる土地にも充分適応し、現状の分布では、年間雨量300〜1000mmの熱帯地方の乾燥した地域の繁殖がよいようです。
高度が低く年間の平均気温が20度前後の土地での栽培が多いようです。
また逆に高度が高くて少々の霜が降りるような土地でも育っています。
水はけや通気の良い土地で育ち、栄養のない限界地にもよく適応しているようです。
ヤトロファ原産地については、メキシコ、中央アメリカ辺りではないかと推測されています。
またアフリカやアジアに拡がり、今では、世界中で栽培されています。

この燃料用植物には、食用に使えるものを消費して食物の供給量を減少させないという課題がありますが、ヤトロファは肥料を必要とせず、食用としても使用されないため、燃料として多く栽培使用しても食糧供給に影響を及ぼすことは全くありません。
また水も多く必要とせず、乾燥した土地でも十分育成できるのが大きな特徴となっています。

骨伝導ヘッドセット、補聴器の感想
奇跡の水・超酸性水(衛生水)・アルカリイオン水(活性水素水)

ヤトロファ(Jatropha)

南洋油桐(ナンヨウアブラギリ、学名:Jatropha curcas)
トウダイグサ科の落葉低木で、中南米原産。
別名タイワンアブラギリ
学名からジャトロファ、ヤトロファ
16世紀以降、スペイン商人などの手により世界中に伝播したといわれています。
近年ナンヨウアブラギリ(ヤトロファ)はバイオディーゼルの供給源として注目されています。
日本植物燃料株式会社
小型ディスクトップ EeeBox
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。